まぁ酒でも引っかけながら

日記や、自分で書いている作品に対する紹介、プレイ中のエルソードやTERAというオンラインゲームでの出来事…そう言った物を書くブログになります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 の感想(ネタバレなし)

はい、こういうブログ書くの初めてです。
だから、どういうこと書いていいかわからないし、あんまりたくさん作品読まないからこういうブログたくさんは書けないけどたまには書くよ。
まず、ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件、略してドレ僕とはどういう作品かというと

超絶天才少女グリンダ=ドイルは同盟国王様一家の家庭教師に任命される。
が、なぜかその少女は「グリンダ=ドイルを廃業する」と言う書置きだけ残して行方をくらましてしまう。
そこで、双子の弟であり姿もそっくりなショーロック=ドイルに白羽の矢が立った。
シャーロックはドレスを着て王様一家の家庭教師をすることに。

ってのが、裏の簡略化した概要を意味が伝わるかは分らないけどさらに簡略化した物です。
まぁ、ここまででこの作品を読んで見たいなぁと思ってもらえれば幸いです。私は感想を書くのが凄まじく苦手なので。
以下感想

作品の作り方が、さすがだなぁと思った。
文学少女を1巻と、2巻のちょっとしか読んでないから余り野村美月さんを知らないのですが、評判+1,2巻を読んだ感じだとすごい物書きなんだと思う。
今回は文学少女みたいに文学どうこうとかそういう事はないけど、いろんな歴史の無駄知識(本当のことかコレも物語のことなのか歴史が苦手でおバカさんな私には分らないが)が作中で飛び交うのが面白さを引き出している。
あまり詳しいことはいえないけど、王子や王女、王様や御妃様とのやり取りがとても面白く、シャーロックがキレたときとか、悩んでる時とか、照れてる時とか……すごくまっすぐで、かっこよくて、かわいらしくてとても面白かったです。
なかなか買っても1日で読みきる作品っていうのがなくて(途中で飽きちゃうから)、新作買うの控えてたけど、まさか1日で読みきってしまうとは……自分でも驚きです。
あぁ、私もこういう(飽きずに読んでもらえる)作品書けるようになりたいなぁ……。

途中から自分のことだったけど、まぁ、コレが感想です。
内容について触れるのはあまり良くないかと思って具体的なこと書けないけど、これは読む価値マジでありだと思いますよ。ラブコメ好きなら本当に。
作者で買うって言うのも、いいんじゃないかな。この方の作品はどれも面白いって話ですし。
いじょ
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。